【ラメラ構造100%】保湿化粧品のローションとクリームの役割

朝・夜の洗顔後、ローションでお肌をうるおしてから、保湿クリームで仕上げるという流れは毎日のスキンケアの基本です。

保湿化粧品を使う順番を知らないという女性は少ないと思いますが、ローションとクリームの役割をきちんと把握しているでしょうか?こちらでは、ラメラ構造100%の保湿化粧品を取り扱うA.M.J.KUDOSが、保湿化粧品の基本知識として、ローションとクリームの役割をお伝えいたします。

保湿化粧品「ローション」の役割

ドレッサーの鏡でローションをつけている女性

ローションは成分の80~90%が精製水で、残りは保湿成分などでできている保湿化粧品です。洗顔で失われた水分を補給し、お肌を整える役割を担っています。

洗顔後にローションを使うのはなぜ?

洗顔後のお肌は汚れと一緒に皮脂膜まで洗い流されていて、乾燥しやすいデリケートな状態になっています。そのままにしておくと、さらにお肌の水分が蒸散してしまうため、ローションなどの保湿化粧品を使って角質層を水分で満たします。

保湿成分で満たされた角質層は柔軟性が戻り、その後に使う美容液やクリームが隅ずみに行き渡りやすくなります。

保湿化粧品「クリーム」の役割

クリームを指にとるイメージ

クリームは水分に加えて油分も含まれている保湿化粧品です。ローションの後に使うことで、洗顔で失われた皮脂膜に代わって、お肌の表面を保護する役割を担っています。

ローションの後にクリームを使うのはなぜ?

ローションのベースは水分ですから、皮脂膜が少ない状態だと大半が角質層から蒸散してしまいます。そうなるとお肌は乾燥しやすくなるので、洗い流された皮脂膜が再び形成されるまでの“つなぎ”として、保湿化粧品のクリームで蓋をして、うるおいを長時間キープさせるのです。

ラメラ構造100%の保湿化粧品「モイストローション&クリームセット」

ラメラ構造100%の保湿化粧品を取り扱うA.M.J.KUDOSが保湿化粧品の基本知識として、ローションとクリームの役割を説明いたしました。水に油が分散した従来の保湿化粧品とは違い、ラメラ構造100%の保湿化粧品は水と油が層状になっているため、うるおいを長時間キープしやすくなっています。

毎日のスキンケアにラメラ構造100%の保湿化粧品を取り入れたいとお考えでしたら、A.M.J.KUDOSのオリジナル化粧品、クリアクレインのモイストローション&クリームセットをお試しください。

うるおい感が持続する美容液ローションと、お肌にやさしい美容液クリームのスペシャルセットです。シンプルな保湿化粧品ですが、角質層内の細胞間脂質と同じラメラ構造100%ですので、肌本来の保湿力をサポートします。

ラメラ構造100%の保湿化粧品をお探しならA.M.J.KUDOS

会社名
株式会社KUDOS
販売業者名
A.M.J.KUDOS
代表責任者名
工藤 玄誠
住所
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目1−7−549
電話番号
03-3796-4638
電話受付時間
10:00~18:00
FAX番号
03-3796-4638
メールアドレス
info@amj-kudos.com
ホームページURL
https://www.amj-kudos.com
ページ上部へ戻る